START TODAY

真新しい気持ちで今日という日をはじめよう

Read Article

【読書レビュー】「手紙屋」〜僕の就職活動を変えた十通の手紙〜  喜多川 泰 著 

【読書レビュー】「手紙屋」〜僕の就職活動を変えた十通の手紙〜  喜多川 泰 著 

「手紙屋」〜僕の就職活動を変えた十通の手紙〜喜多川 泰 著を読みました。

この本を知ったきっかけは、奥さんが先に読んでいて面白いから読んでみてと勧められたからです。

小説はあまり読んだことないのですが、読んでみてびっくり。

手紙屋の世界に引き込まれている自分がいました。

しかも1回読み終わってすぐに2回目を読み始めるハマりっぷり。

なぜそこまでハマってしまったか?

僕自身、現在サラリーマンで就職活動はしていませんが、就職活動という視点のみではなく、自分の「働き方」について考えさせられました。

なぜ今の仕事に就いたのか?

今の仕事をどう思っているのか?

これからも今の仕事を続けて行くか?

など、自分を見つめるいい機会になりました。

先日、実現したいことを書きましたが、この手紙屋を読んで背中を押してもらった部分もあります。

DREAMS COME TRUE !僕の実現したいこと! – START TODAY

いつまでも手元に置いておき、自分の働き方について確認や振り返りを行いたいと思いました。

余談ですが、最後、感動して泣きました…。

喜多川さんの他の本も読んでみたいと思います。

スポンサードリンク

奥さん’s Voice

なぜ働くのか?

生活するための収入を得るため。

本当にそれだけなの?

私自身が「働く」ことに目標を失った時、改めて「働く」ことの本質を考えたくてこの本を手に取りました。

小説なのに、自己啓発に近い内容で、就職活動中の主人公と一緒に働くことについて悩みながら物語は進んでいきます。

「働く」ことを考えるということは「生きる」ことの本質を考えることにもつながっている内容でした。

就職活動中だけではなく、学生、もう既に社会人の方にも是非、読んで欲しい作品です。

関連情報

最後まで読んでいただきありがとうございます!

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


*

Return Top